駿河屋会公式サイトにようこそ

  駿河屋は、室町時代中期(1461年)に鶴屋の屋号で”饅頭処”を開いたのが始まりでございます。
後には駿河屋と名を改め、以来数百年の歴史を歩んで参りました和菓子の老舗店でございます。
現在では、時代の流れの中で分家としての四軒と、別家として独立した五軒の九店舗です。
それぞれが共存共栄を目的とし結集した組織が”駿河屋会”でございます。


老舗和菓子店・駿河屋としての経営姿勢や技術は、
その後の分家・別家としての独立した全九店も、駿河屋グループとしての責任と誇りを持ち続け
共存共栄を目的とした堅い信頼と親睦のなかで今日に引き継がれてきております。

 駿河屋会メンバー (全九店舗)                                    

伏見駿河屋    京都市・伏見区下油掛町174 
大阪の駿河屋    大阪市・都島区都島南通り1-9-14
京 駿河屋    京都市・下京区木津屋橋通烏丸西入東塩小路町720
大阪・長堀の駿河屋    大阪市・中央区南船場2-3-7
するがや祇園下里    京都市・東山区祗園末吉町80
先斗町駿河屋    京都市・中京区先斗町通三条下ル
稲荷駿河屋    京都市・伏見区深草一ノ坪町29
宇治駿河屋    京都府・宇治市宇治平等院表参道
二条駿河屋    京都市・中京区二条通り新町東入る大恩寺町241

ご注意
  昨今、駿河屋の歴史を語り駿河屋の一員であるかのように商いをしている同業店がございます。
”駿河屋”を名乗ることができるのは駿河屋会会員のみでございます。
また、駿河屋の羊羹”夜の梅”商標も、昭和初期に株式会社虎屋様との申し合わせにより虎屋様と、
駿河屋会会員のみしか使用できない事となっております。類似店、類似商品にご注意くだざい。 


     駿河屋会  駿河屋会
Copyright (C) 駿河屋会 All Rights Reserved